Follow us:

sake-slide
  • menu
  • drink
  • feature
  • home
menu-slide-sp

電話047-481-8399

海炎さんの日本酒・焼酎の品揃えが豊富日本酒・焼酎の品揃えが豊富

以外と知らないお酒の雑学

日本酒と焼酎の違い

日本酒と焼酎の違い

日本人に馴染みのあるお酒と言えば、日本酒や焼酎ですよね。
全国各地でたくさんの美味しいお酒が造られていて、最近では海外でも人気の日本の名産品です。

日本酒と焼酎、どちらも透明なお酒だけれど、何が違うのか?

日本酒は、米と麹と水を原料にした醸造酒です。
原料に麹や酵母を加え、発酵させて搾り出しますが、精米の歩合や米麹、酵母の組み合わせ次第で、それぞれが世界でたったひとつのお酒になります。
焼酎は、本格焼酎と呼ばれるものでは米や麦、芋、穀類などの様々な原料から造られます。
原料を麹や酵母で発酵させ蒸留し、熟成させると更に美味しいです。

なお、どちらも明るい場所での保管は禁物です。
風味を損なわないように、冷蔵庫などでの保管がお勧めです。

料理との相性は、大きく分けると日本酒ならやはり魚料理全般で、特に塩辛い味付けに合うようです。
焼酎は原料が様々ではありますが、一般的には甘いものに合うと言われており、煮付け等との相性が良いです。
日本酒も焼酎も、産地の風土に合わせたものが多く、それぞれに合うのは郷土料理が一番です。
お店で飲むときには、産地の郷土料理を思い浮かべながらそれに似た料理で楽しむと良いかもしれませんね。

 

飲み易い日本酒とは

飲み易い日本酒とは

日本酒にはそれぞれ産地によって特徴があります。
それは、原料が米と水であることから、その土地の気候風土が影響するのです。

日本酒の味の表現としては、一般的に甘口、辛口があります。
この二種類ではあまりにも大雑把で、これに香りや旨みなど、様々な違いが感じられるはずです。

全国で飲まれている主なものとしては、北海道「男山」は、スッキリと辛口で、海産物に良く合いそうです。
岩手の「あさ開」は、爽やかな飲みやすい口当たりで香りも良いです。
埼玉の「神亀」はコクとまろやかさが素晴らしく、新潟の「久保田」は、フルーティーですっきりとした味わいです。
京都の「玉乃光」はクセがなく飲みやすい一品、広島の「竹鶴」は力強い辛口です。
愛媛の「梅錦」は甘口でふんわりと香りが良く、福岡の「庭のうぐいす」は酸味があり甘い香りが特徴です。

さらに深く掘り下げると、その違いはさらに微細化していきます。
各地域でそれぞれ違う米、違う水で作られるため、ひとつとして同じお酒はありません。
飲みやすさには好みがありますし、飲む温度、一緒に食べる料理によっても味の感じ方は様々です。

お気に入りの銘柄、ベストな組み合わせを探してみて下さいね。

焼酎の飲み方は自由自在!

焼酎の飲み方は自由自在!

焼酎は、日本酒よりも気軽に飲まれており、今では倍の消費量です。
焼酎には甲類、乙類とあり、甲類は連続式蒸留機を使用して造られたアルコールを36%未満まで水で薄めたお酒で、乙類は単式蒸留機を使用したアルコール度数45%以下のお酒です。

甲類は、香りが弱いため、居酒屋などで柑橘系のものと割ってサワーや酎ハイとして楽しまれています。
乙類は、本格焼酎と呼ばれ、原料の香りや味を存分に楽しむため、ロックや水割り、お湯割りで飲まれることが多いです。

甲類の楽しみ方は幅広く、100%のフルーツジュースで割っても飲みやすいですし、蜂蜜と生姜を加え、お湯で割ったハニージンジャーは体が温まります。
柑橘系の果汁を加えるのがスタンダードですが、綺麗なフルーツをどんどん入れてサングリアのように楽しむのもお洒落ですね。
このように、最近ではさらに様々な飲み方が開発され、多くの人が試しやすく、試してみたくなるものが増えています。

乙類はとにかく原料の香り引き出す、お湯割りが一番のお勧めです。
お湯の熱さで香りの強さが変わってくるので、熱ければ強い香り、冷たい水割りなら香りがソフトになります。

焼酎は一般的にどんな料理とも合うと言われていますが、日本酒と同様に産地の特徴があります。
やはり産地の郷土料理との組み合わせがベストではないでしょうか。